断熱カップ及びその製造方法

Heat-insulating cup and manufacture thereof

Abstract

(57)【要約】 【目的】ハンドリングや搬送が行いやすく、また蓋と接 触するフランジ部の面積が大きくとれる断熱カップを提 供する。 【構成】側壁14及び底壁16を有するカップ本体12 の外面全体を覆うように保護カバー20が貼着される。 カップ本体12の開口端周縁にはフランジ部18が形成 され、これは、側壁14が外方に1回転以上巻かれると 共に偏平に押し潰されることにより形成される。フラン ジ部18の内面は非接着状態に維持され、フランジ部1 8の下面は、フランジ部18の自己復元力の作用下で保 護カバー20の上端部22に当接する。これにより、自 己復元力によるフランジ部18のそれ以上の変形が阻止 されると共に、保護カバー20とフランジ部18との間 のギャップGの幅が0.5mm以下まで減少する。
PURPOSE: To provide a heat-insulating cup which is easy to handle and carry, wherein an area of a flange in contact with a lid can be large. CONSTITUTION: A protective cover 20 is adhered to cover an entire external face of a cup body having a side wall 14 and a bottom. A flange 18 is formed around an opening end of the cup body, which is formed by winding the side wall 14 outward by one or more rotations and pressing it flat. An internal face of the flange 18 is kept non-adhesive, while a lower face of the flange 18 is in contact with an upper end 22 of the protective cover 20 under function of self-recovery force of the flange 18. Thus further deformation of the flange 18 due to self-recovery force can be prevented, while width of a gap G between the protective cover 20 and the flange 18 is reduced to 0.5mm or less. COPYRIGHT: (C)1996,JPO

Claims

Description

Topics

Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

Patent Citations (0)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle

NO-Patent Citations (0)

    Title

Cited By (2)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle
    JP-2001354226-ADecember 25, 2001Nissin Food Prod Co Ltd, Sanyo Pax Co Ltd, 三陽パックス株式会社, 日清食品株式会社断熱性紙製容器及びその製造方法
    JP-4528431-B2August 18, 2010日本ストロー株式会社, 日清食品ホールディングス株式会社断熱性紙製容器及びその製造方法